ビーグレン 独自の技術

ビーグレン独自の優れた技術について

ビーグレン独自の優れた技術について

 

ビーグレンのスキンケアコスメが近頃非常に注目されているわけですが、中でも特に注目すべきはその優れた独自の技術であると言われています。

 

その素晴らしさは、従来のスキンケアの常識を覆す、と言われているほどなのだとか。

 

では、私達の理想のスキンケアを実現させたそのビーグレンの技術とはどのようなものなのか詳しく見てみましょう。

 

 

スキンケアにおいて重要なのは「浸透深度」

 

スキンケアにおいて重要なのは「浸透深度」

 

あなたがスキンケア用のコスメを選ぶ際、どのような事に注意をしていますか?価格やパッケージなど、こだわりは人それぞれでしょうが、「美容成分」にこだわっているという方も多いのではないでしょうか。

 

もちろん、それはとても素晴らしい事です。美しいお肌になりたい、色白のお肌になりたいなど、私達の願いをサポートしてくれるのはその「美容成分」である事は間違いありません。

 

しかしながら、その「成分」をしっかりとお肌に届ける為には、「浸透深度」がとても重要になります。

 

一体どういう事なのか、もう少し詳しく見てみましょう。

 

 

美容系の成分の多くは「水溶性」

 

ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCなど、これらは私達が美しさを追求する上で必要不可欠な有効成分です。しかし、ここで注意したいのが、

 

「ヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンCなどの成分は水溶性のものが多い」

 

という点です。

 

仲が悪い事の例えを「水と油のような関係」と表現するように、水と油とは互いに弾き合ってしまう関係です。

 

人間のお肌の表面は脂(あぶら)で覆われているので、有効成分の多くは深部まで浸透する事なく弾かれてしまう…というわけです。

 

すなわち、どれだけ優秀な成分であっても、お肌へしっかりと浸透させる事の出来る技術をもってしなければ、宝の持ち腐れと言っても過言ではないという事になります。

 

 

ビーグレン独自の技術は「浸透テクノロジーQuSome」

 

ビーグレン独自の技術は「浸透テクノロジーQuSome」

 

ビーグレンのスゴイところは、上記の問題点を解決するような技術を編み出し、成分がしっかりとお肌に浸透するようなコスメを開発したという点です。

 

ビーグレンの最高研究開発責任者である、薬学博士のブライアン・ケラー氏の努力によって、素晴らしい技術である「浸透テクノロジーQuSome」が完成されました。

 

 

「浸透テクノロジーQuSome」ってどんな技術?

 

では、「浸透テクノロジーQuSome」とは具体的にはどのような技術なのでしょうか?とても簡単に言うと、

 

“人間の肌の脂に良く似た脂質で有効成分を「カプセル化」する事によって肌の脂への通過を可能にし、有効成分を肌の深部まできちんと浸透させる技術の事”

 

になります。

 

しかもこのカプセルの粒子の大きさは、ナノサイズで直径70〜150ナノメートル。あの細い針の先に約50個も収まってしまうほどの細かさなので、ローションやゲル、クリームに配合しても安定し、敏感肌の方に対しても優しい性質となっています。

 

仕組みを知ると、「なるほど!」を思える内容ですよね。

 

元々は薬の有効成分が癌などの患部へ届きやすくする為の開発された技術で、それをスキンケアに応用したのがビーグレンというわけです。

 

そして、この技術が使用されているコスメもまた、ビーグレンだけなのです。

 

 

このように、「ビーグレン」のスキンケアコスメには、「浸透テクノロジーQuSome」という優れた技術が使用されている事が分かりました。

 

優秀な成分の配合だけでなく、それをきちんと肌に浸透させる事の出来る技術を採用しているという点で、非常に信頼のおけるアイテムであると言えるでしょう。

 

ぜひ一度、ビーグレンの評判の高さを体感してみてはいかがでしょうか。

 


ビーグレン画像

ビーグレン(当サイト徹底解説ページ)
米国発の先端サイエンスコスメ、b.glen(ビーグレン) ビーグレンは独自の浸透テクノロジー『QuSome(R)』を施し、肌トラブルを解決するスキンケア製品。19の肌悩みに対応した8種類のトライアルセットがあり実力と価格メリットのあるアイテムです。

page top