ビーグレン 品質と安全性について

ビーグレンの商品の品質の安全性について

ビーグレンの商品の品質の安全性について

 

口コミでの評判も高く、何かと注目されているスキンケアコスメであるビーグレンシリーズですが、ここで気になってくるのがその品質、そして安全性です。

 

顔に直接付ける物であるからこそ、安全な製品であるかどうかを知っておきたいですよね。

 

ここでは、ビーグレンの品質の安全性について確認しておきましょう。

 

 

ビーグレンの品質へのこだわりについて

 

ビーグレンの品質へのこだわり

 

まずは、公式サイトにも記載されているビーグレンの品質へのこだわりについて見てみましょう。

 

ビーグレンが品質においてこだわっているのは以下の点です。

 

  • 一人一人の肌の悩みに向き合う
  • 本当に必要とされる製品のみをつくる
  • 製品の質と数は「肌への誠意」である
  • 余計なものは省き、上質の素材にこだわり洗練された美しさを追求する

 

本当に必要な成分から、必要な製品だけを限られた個数で作り上げつつ、1つ1つの性能に関してもブラッシュアップしていく、という姿勢で商品と向き合っているとの事です。

 

ビーグレン独自の浸透技術である「QuSome」もここで活かされてくるというわけですね。

 

 

ビーグレンの安全性について

 

ビーグレンの安全性

 

次にビーグレンの安全性について見てみましょう。

 

インターネットでビーグレンの事を検索してみると、ビーグレン完全無添加ではないから危険だ」などという記事を目にする事もあるかと思いますが、これは視野の狭い意見からの間違った情報です。

 

確かにビーグレンは完全無添加ではありませんが、安全性にはきちんとこだわって製造にあたっています。

 

その証拠として、公式サイトにおける「お問い合わせ」の部分において成分について細かく説明がなされています。

 

「ボディマッサージクリームに保存料は入っているか?」

ユーザーの肌への安全を保証する為に保存料を使用している。食品の保存料としても使用されるような安全性の高いもの(メチルパラベン、プロピルパラベンなど)のみを使用したり、トウモロコシ由来のアルコール系保存料(フェノキシエタノール)を使用したりしている。

「シリコン系成分は含まれているか?」

シクロメチコン(シリコーンオイル)が使用されているが、安全性も高く、クリームの伸びや感触を良くするのにも一役買ってくれる。

 

無添加と記載があれば絶対に安全、というわけでは決してなく、「ある種類の添加物を使用していないから無添加」と、まるでとんちのようなからくりの謳い文句で「無添加」を名乗るような悪質なコスメもたくさん存在します。

 

記載に踊らされるのではなく、そのブランドの持つこだわりや信憑性をきちんと読み取る事が大切になってくるというわけです。

 

この意味では、薬学博士の監修の元で開発されているビーグレンは、品質においても安全性においても非常に信頼のおけるものであると言えるでしょう。

 

このように、ビーグレンは、品質に独自のこだわりを持っている上に、安全性に関してもきちんと考えて商品を製造している事が分かりました。

 

よくよく考えると、有効成分をお肌の深部まで行き届かせる独自の技術に誇りも持っている「ーグレンが、おかしな成分を使用するはずはありませんよね。

 

品質の安全性にもきちんとこだわりを持っているブランドなので、使用を考えているという方は安心してご検討下さい。

 


ビーグレン画像

ビーグレン(当サイト徹底解説ページ)
米国発の先端サイエンスコスメ、b.glen(ビーグレン) ビーグレンは独自の浸透テクノロジー『QuSome(R)』を施し、肌トラブルを解決するスキンケア製品。19の肌悩みに対応した8種類のトライアルセットがあり実力と価格メリットのあるアイテムです。

page top